家づくり

マイホーム作りの進め方。専門家が解説!欲しいと思ったらまず初めにするといい3つのこと。

家は、3回建てると思い通りの家が建てられるといいますが、3回マイホーム建てるということはなかなかできるものではありません。
「1回で満足できる家を建てたい!」「家づくり、後悔したくない!」
でも、マイホーム作りの進め方がよく分からない…という方へ、マイホーム作りの進め方についてインテリアコーディネーターであり、整理収納アドバイザーの筆者が自分の体験を交えながら解説します。

スポンサーリンク

マイホーム作りの進め方。専門家が解説!欲しいと思ったらまず初めにするといい3つのこと。

この記事は、こんな方におすすめです。

  • マイホームを建てたいけれど、何から始めたらいいか分からない方
  • 後悔しない家づくりの方法が知りたい
  • プロの意見を参考に家づくりをしたい
  • 実際建てたことがある人の体験談も聞きたい

ポイント1:見学会に行く前に、欲しい家のイメージを具体化しておく

いきなり見学会にいかないで!!

マイホームが欲しいと思ったら、住宅展示場に行ってみる、という方が大半だと思います。
実は、私もそうでした。
ですが、とりあえず…と住宅展示場に思い出かけてみて困った事がありました。

  • どういう視点で見ていいのかわからない
  • 営業さんが自宅まで営業に来てしまう

ということです。
まず、 「どういう視点で見ていいのかわからない」という点ですが、 私の場合どの住宅展示場も「素敵~」「すご~い!」とテンション高めで展示場を見て回り、 パンフレットやお土産を頂いてうれしくて気分はよいのですが、目的が明確でない状態だと何も心に残らずただ帰ってくるだけになってしまいました。
住宅展示場は、ご存知の通り「魅せるための仕様」になっています。
多くの方が実際建てる現実的な建坪、間取り、仕様ではありませんので参考にしにくいのです。

「自分たちがどんな情報を得たくて見に行くのか?」という視点がなければ、時間のムダになってしまいます。

また、「営業さんが家まで営業に来てしまう」点についてですが、まだ建てたい建築会社が見つかるまでは名簿に住所の詳細を書かないことをおススメします。

はこスケ
はこスケ
じゃあ、展示場に行く前に何をしておけばいいのかなぁ。

今のお家の不満点と、マイホームで実現したい事を書き出す

マイホームのイメージを具体化していく時のポイントは、今のお家の不満点と、新しいお家で実現したい事を書き出すことです。
現在のお家の不満点は何ですか?
ここが改善できれば、少なくとも今より満足のいくお家ができます。
例えば…

現在のお家の不満点(例)
  • 結露がすごい
  • 収納が少ない
  • キッチンが孤立していてさみしい
  • 寒い、暑い

次に、新しいお家で実現したい事を書き出します。
ポイントは、欲しい部屋だけでなく「ほしい理由」も書くことです。
なぜなら、例えば「対面キッチンが欲しい」と建築会社に伝えたとします。
自分はTVを見たり、子どもを見守りながらお料理したいからと「対面キッチンが欲しい」と思っていても、建築会社にその意図が伝わらなければ、たとえ対面キッチンだとしてもTVが見えない設計になってくる可能性も。
なぜ、その空間が欲しいのか?理由も書き込んでくださいね。

新しいお家で実現したいこと(例)

  • 対面キッチンが欲しい(TVを見ながら料理を作りたい)
  • 家事動線を良くして、洗濯物の管理をラクしたい
  • 小さくても良いので自分のスペースを作りたい(ミシンを出しっぱなしにしてハンドメイドしたい)
  • 自然素材を使ったお家にしたい
  • 書斎が欲しい(夫:私物を置くスペース確保のため)
  • ロフトが欲しい(子ども:秘密基地がつくりたい、空間の有効活用にもなる)
はこスケ
はこスケ
旦那さんや子ども、同居予定の家族にもきいてみるといいね!

イメージスクラップやピンタレストで写真を集める

私が作ったイメージスクラップ

また、理想のマイホームのイメージを具体化していくのポイントとしてイメージスクラップ やピンタレストで欲しいマイホームのイメージを集めることも有効です。
イメージスクラップは、家づくり雑誌やインテリア家具の通販カタログを参考にするといいでしょう。
雑誌やカタログから取り入れたい家具や雑貨をピックアップします。
また、家具や雑貨だけでなく理想のライフスタイルに近い写真も入れておくとイメージが膨らみます。

例えば、ホームパーティーをしたい方はホームパーティーをしている写真、ゆっくり読書を楽しみたい方は本の写真などを入れてみてはいかがでしょうか?

次にピンタレストについてですが、ピンタレストとは、ネット上のWebサイト・あるいはPinterest上にある画像を自分のボードに集めることができる画像収集サービスです。
ピンタレストでは、スマホやパソコンで写真を集めることができます。
ピンタレストについてはソーシャルメディアラボのサイトを参考にしてみてください。

はこスケ
はこスケ
なんだかワクワクしてきた♪

ポイント2:予算を知る

予算が分かれば、作りたい家が明確になる

家づくりに先立つものはお金ですよね。
夢ばかりが大きくなってしまうと、現実な予算の話になった時に、ガッカリしかねません。
そうならないために、最初にいくら借りられるのか?毎月いくらなら返せるのか?ざっくり計算しておきます。
予算が分かれは、土地が買える地域や大きさ、建物の坪数、予算に見合った建築会社の絞り込みができます。

住宅ローンシュミレーションはこちらを参考にしてみてください。
SUUMO住宅シュミレーション

住宅ローンをカンタン一括審査するならこちら

住宅ローン一括審査申込

ポイント3:家づくりのリアルな声を聴く

住宅展示場になくて、お友達の家にあるもの、それは「〇〇〇」

家づくりのリアルな声を聴くために、新築したお友達の家におじゃまさせてもらいましょう。
住宅展示場やショールームになくて、お友達のお家にあるもの、それは「生活感」です。
住宅展示場やショールームではすべてが良く見えるもの。
実際の生活とはかけ離れてしまいますが、お友達の家ではリアルに体感できるでしょう。
成功談、失敗談両方とも聞いてみるととても参考になります。

✎お友達に質問

Q:家を建ててみて良かった点は?
Q:もっとこうしておけば良かったという点はある?

マイホーム作りをはじめよう!

以上、マイホームづくりの進め方でした。
住宅展示場に行く前に取り組んでおくと、実際に展示場に行った際何倍も得るものがありますよ(^^)

住宅展示場に行く前に
  1. 欲しい家のイメージを具体化しておこう
  2. 現実に建てられる家の予算を知ろう
  3. マイホームを手に入れた友達から家づくりのリアルな声を聴こう

はこスケ
はこスケ
これで展示場のお姉さんにも質問できるね!
スポンサーリンク
RELATED POST
家づくり

家づくりの節約ポイント、お得に建てたい人は必見!自分でできるコスト削減ワザ。

2019年10月28日
ズボラさんのためのお片付けレッスン
数千万円かかる家づくりだから、少しでも節約したいですよね!この記事では、私が実際にしたコスト削減ワザをご紹介します。家づくりの節約ポイント …
家づくり

共働き夫婦のための間取り計画。家事しやすく片づけやすいお家づくりのチェックポイント

2019年10月30日
ズボラさんのためのお片付けレッスン
共働き夫婦の方のための間取り作りで大切なポイントを、整理収納アドバイザー&インテリアコーデしネーターの筆者が解説します。家事のしやすさ、片 …